読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Let's take a cafe time!

カフェ巡りが大好き。オシャレなcafeでいろいろ感じたこと、役に立つ事などをまとめてます。

和風のまったりカフェにて考える。

心が落ち着くカフェに行きたかったのでふらっと。

 

f:id:Riseandshine:20170425215551j:image

 

おとといは昔からの友人の勝負の日だった。その友人は7、8年前から、いつかはこういう事をしたい、という事を言っていて。

 

前日には応援に少しだけ顔をだしてきた。やっぱりその場で彼と会って、戦っている様子を見てみないと分からないものがある。本人も一生懸命だが、それを支える奥さんも素晴らしい。

 

彼はこの日のために数年、特にここ数ヶ月は積み重ねてきたものがある訳で。彼に会ってみるとその積み上げてきたものの重みをありありと想像させられるんだよね。

 

結果は残念だった。彼と奥さんはどのようにこれを受け止めていくのだろうか。

 

僕としては、なぜもっと前から彼を応援しなかったのだろうか⁈という後悔が湧いてきた。本当に申し訳ないと思って。

 

仲間の大勝負の時に僕は顔を出しただけ。本当に薄情者だ。

 

彼が勝てなかったのは僕がしっかり応援しなかったからかもしれない、そう総括した。

 

ただ、短いながらもその場にいて感じた事はたくさんあって。

 

不思議なことに彼の人生がまるで僕の人生であるかのように感じたんだよね。応援に行った時、彼を本気で勝たせたいと思うと自然と感情移入する。

 

すると、想像でしかないけど彼の視点に立って現在・過去・未来を思い浮かべることができた。感じることができた。

 

これって本当にスゴいことだと思って。人間の人生なんかたかだか80年、その程度でしかない。

 

でも、誰か他人を本気で応援すると、その人の人生をまるまる自分の人生の一部のような感覚を持てるんだよね。

 

仲間が積み上げてきた人生をシェアしてもらう事を通して、例えば彼の三十数年の人生を感じることができるんだ。

 

そうすることで実際に自分は体験していないけど、疑似体験できるし、十分に感情を味わうことができる。ホント不思議な体験。

 

彼は正直、辛かったと思うけど、僕は貴重な経験をさせてもらった。結果は悔しいけど、やっぱり彼に対して僕は感謝でしかないよね。